検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

みなとみらいのコーエーテクモゲームス新社屋ビルはどんな建物なの?

みなとみらいのコーエーテクモゲームス新社屋ビルはどんな建物なの?

ココがキニナル!

日吉に本社を構えるコーエーテクモゲームスがみなとみらいに移転します。また、新本社にライブハウス型ホールを備える。何故みなとみらいへ?何故本社にライブハウス型ホールを?(一之助さん、yossiさん)

はまれぽ調査結果!

コーエーテクモゲームス新本社ビルは複合施設としてみなとみらいに建設。「KT Zepp Yokohama」や東急REIホテルも入居し、みなとみらいの街を活性化させる。

  • LINE
  • はてな

ライター:すがた もえ子

みなとみらいでは現在、40以上の施設が建設されている。日吉に本社のあるコーエーテクモゲームス新社屋もその中のひとつだ。コーエーテクモゲームスといえばゲーム製作会社という印象があるが、この新社屋にはライブハウス型のホールなど他業種の施設も入居するらしい。
現在の状況と、どんな施設になるのかをコーエーテクモゲームスへ聞いてみた。
 

 

みなとみらいのコーエーテクモゲームス新社屋ビルはどんな建物なの?
港北区箕輪町(みのわちょう)にあるコーエーテクモゲームス現本社ビル

 
 
 

なぜみなとみらいに移転することに?


 
取材日は1月初旬。今回ご協力いただいたのは、コーエーテクモホールディングス管理本部総務部長の大江宏(おおえ・ひろし)さんとコーエーテクモゲームスのマーケティング本部グローバルマーケティング部マネージャーの桂毅(かつら・つよし)さんのお二人。
 

みなとみらいのコーエーテクモゲームス新社屋ビルはどんな建物なの?
左から、桂さんと大江さん。ご協力ありがとうございます!

 
さっそく、本社移転の経緯とみなとみらいを建設地に選んだ理由を伺ってみた。
「日吉の社屋が手狭になりまして、新しい建設用地を探していました。日吉地区には土地はありませんし、新横浜でも探しましたが巡り合わせが良くありませんでした。そんな中で三菱地所様と縁があり、みなとみらいでまとまった土地が手に入るということになりました」と大江さん。

続けて大江さんは、みなとみらいを選んだ理由に「文化芸術」も取り入れた相乗効果も狙いにあると話す。
横浜市は林市長が就任後「横浜を文化芸術の街にしたい」と宣言し、音楽フェスやアートなどのイベントが増加した。コーエーテクモも林市長から、横浜を文化芸術の発信の場として活用してほしいという誘いを受けたという。
 

みなとみらいのコーエーテクモゲームス新社屋ビルはどんな建物なの?
みなとみらいとコーエーテクモとの相乗効果について語るお二人

 
「みなとみらいの街は、芸術や文化などのコンテンツに力を入れているエリア。コーエーテクモとしてもそれに協力し、相乗効果で新しいコンテンツが生まれればと思っています」と大江さん。

今回の移転では、日吉にある3つの社屋がすべてみなとみらいへ移転するのではなく、引き続き日吉も使用していくそう。また、コーエーテクモホールディングスの本社は変わらず日吉のままで、本社移転するのはコーエーテクモゲームスだということもわかった。

みなとみらいの新社屋は、追加の開発拠点というイメージが強く、新しく事業を行ううえで人数の増加が予想されるため、移転というよりはオフィスを増床したという意味合いが強いようだ。
 

みなとみらいのコーエーテクモゲームス新社屋ビルはどんな建物なの?
日吉の太陽の壁画がある建物も変わらずそのまま所有し続ける

 
「あの太陽は邪悪なものを見張っているという役割ですので、引き続き皆様の幸せを願いつつ、今までと変わらず日吉の皆さまをお守りすることになります」と大江さん。
 

みなとみらいのコーエーテクモゲームス新社屋ビルはどんな建物なの?
「新社屋にはクリエイター集団らしい“何か”がありますよ」と話す

 
みなとみらいの新社屋のコンセプトデザインは、三菱UFJファイナンシャルグループの「MUFG」のシンボルマークなどをデザインした永井一正(ながい・かずまさ)さんが手掛けたもの。
新しいオフィスにも、太陽の壁画に勝るとも劣らない芸術的なオブジェが設置されるそうだ。
 

みなとみらいのコーエーテクモゲームス新社屋ビルはどんな建物なの?
みなとみらいに建設中の新社屋

 
新社屋は、エントランスからクリエイター集団らしさが感じられるデザインになるという。どんな仕上がりになるのか、詳しい情報はどこにも公開していないとのことなので、完成してからのお楽しみとなる。クリエイターが集うコーエーテクモならではの芸術的なデザインになるのだろう。

完成後、オフィスへの立ち入りは関係者以外禁止されているが、エントランスのオブジェはガラス越しに見れば分かるのでは、ということだったので、現地で確認したところ・・・
 

みなとみらいのコーエーテクモゲームス新社屋ビルはどんな建物なの?
エントランスには、渦のようなオブジェを発見!

 
遠くから見ても迫力あるオブジェ。さまざまな仕掛けが施されるであろう新社屋は、いまから完成が待ち遠しい。ちなみに、引き渡しは2020(令和2)年1月24日とのこと。