検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?
長い歴史に幕を下ろした横浜ニューテアトル。伊勢佐木町の映画館の灯が途絶える?

ココがキニナル!

2018年6月1日に閉館した、伊勢佐木町の横浜ニューテアトル。閉館日の様子は? 今後はどうなる?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

多くの人に惜しまれながら閉館日を迎えた老舗映画館。伊勢佐木町のにぎわいのためにも、継続を模索する動きがあるようだ

  • LINE
  • はてな

2018年06月05日

ライター:はまれぽ編集部

2018(平成30)6月1日、中区伊勢佐木町で映画の灯をともし続けてきた「横浜ニューテアトル」が、その46年の歴史に幕を下ろした

この日に上映された映画は、伊勢佐木町の伝説的人物「ハマのメリーさん」を扱ったドキュメンタリー『ヨコハマメリー』。はまれぽでは、ニューテアトルの最後の瞬間に密着した。
 


最終上映にふさわしい作品だ

 


開館前から大行列が

 
最終日、開館前の横浜ニューテアトルには長蛇の列ができていた。

『ヨコハマメリー』は午後7時30分から、1回きりの上映。チケットは事前予約できず、当日の窓口でのみの販売だったため、入場券を求める人が集まっていたのだ。

午前9時40分、劇場のシャッターが開かれ、最後の1日が始まった。
 


時間通りに販売が開始
 

階段下の窓口でチケットを購入する

 
最終上映は全席指定で、もちろん売り切れ次第終了だ。
はまれぽでも列に並び、無事にチケットを購入した。ニューテアトルの席数は118席。平日にも関わらず、お昼過ぎには全席完売となったようだ。

日が暮れて夜・・・。ニューテアトルの前には、開場を待つ人で再びごった返していた。
 


開場前のテアトル前には黒山の人だかりが
 

チケットを持っていない人も記念に訪れているようだ

 
通りすがりの人たちも、「芸能人の出待ち?」と首をかしげる。今日でニューテアトルが閉館することを伝えると、「えっ、終わりなんですか!?」と一様に驚いていた。

改めて、この日上映されるのは中村高寛監督の代表作であるドキュメンタリー『ヨコハマメリー』。1995(平成7)年ごろまで伊勢佐木町などに立ち続けていた「ハマのメリー」さんの生涯と当時の横浜の姿を、同時代を生きた人たちへのインタビューを通して浮かび上がらせる作品だ。
 


メリーさんの存在は、ある年代以上の人にとっては常識

 
映画には、撮影当時(2004年ごろ)の伊勢佐木町も登場する。そうした縁もあって、横浜ニューテアトルは映画を全面的にバックアップしていた。だが、同館が閉館すれば「伊勢佐木町」の住所に映画館はなくなることになる。

戦後から高度経済成長を迎えた横浜と日本の姿を、その時代を生きた人たちの言葉を通して映し出した映画は、午後9時過ぎに上映終了。満席観客は打ちひしがれたように、席を立とうとしなかった。
しばらくの間館内は立ち入り自由の状態になり、写真を撮る人や思い出を語り合う人、それぞれに映画館との別れを惜しんでいた。
 


記憶に焼き付けておきたくなる劇場
 

場内に直結のトイレがついた珍しい構造や、手作り感の溢れる内装・・・。長い間上映を続けてきた館内もこれで見納めだ。
 


多くの作品が映し出されたスクリーン
 

思い思いに記録を残そうとする姿があった

 


映写機用の窓も味がある

 
館内に残って思い出に浸る方々に、作品や映画館の思い出をうかがうことができた。


最後の映画館の思い出とこれからは?

 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人

屋形船って2人でも乗れるの? 「屋形船すずよし」で横浜みなとみらいの夜景を満喫してきた

  • PR

西区藤棚商店街にある「日本一小さい」フィルム上映の映画館

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

夢か幻か? 京急の制服で“メーテル風コート”が存在する!?

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

新着記事

元町百段公園が伝える横浜の光と影

    • 面白かった113
    • 面白くなかった1
    • コメント0
  • 2019年06月24日

横浜・神奈川で東京オリンピックは楽しめるの?【編集部厳選】

    • 面白かった4
    • 面白くなかった7
    • コメント0
  • 2019年06月23日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

介護を軸に、新たなコミュニティ構築を模索する、中区石川町「ケアステーション・デイサービス ふれ愛」

  • PR

朝市やカルチャースクールに買い物バスなど、コミュニティを影で支える「横浜セレモ株式会社」

  • PR

裏横浜で絶品イタリアンをリーズナブルに味わえる「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」

  • PR

夢のマイホームをセミオーダーで建てる。戸建に関するすべてに自信があります!「株式会社横浜建物」

  • PR

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

上大岡駅前で“気軽な贅沢”。日本庭園と癒しの空間が自慢の「懐石 花里」はさまざまなシーンで利用できる

  • PR

焼肉なのになんでマンボウ!? 鶴見の住宅街のど真ん中でもリピーター続出の「焼肉マンボウ」を直撃!

  • PR

その味を知ったら絶対宮崎県に行きたくなる!曙町の名店「みやざき地頭鶏 てげてげ」

  • PR

車の修理、なんでそんな高いの?「ペイントブル横浜旭」ならディーラーよりも安く早く修理できるって本当?

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 東海道貨物線の旅客化は検討が進んでいるのでしょうか。りんかい線と貨物線をつなげるだけでも、横浜から車...

  • 大口の超レトロな喫茶室「鹿鳴館」がキニナル。メニューは飲み物だけで、マスターは御年93歳という噂。

  • 東戸塚地区センター前の道路と東戸塚駅の横須賀線線路が交わる線路下トンネル付近で、コンクリートの合間や...

あなたはどう思う?

シーズン始まって2ヶ月。今年のベイスターズの予想順位は?

最近のコメント

アクセスランキング