ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年2月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    国道1号線沿い、原宿交差点の近くにある『西横浜国際総合病院』。戸塚区なのに、なぜ西横浜?国際総合病院って?キニナル…。ぜひ、調査よろしくお願い致します。

    みゆみゆさん

    麻婆茄子は横浜生まれの四川料理アレンジらしい。真相は?

    山下公園のカモメさん

    昨年末大事件を起こした富岡八幡宮の分社ですがその後続報もなく忘れ去られるのでしょうか?この事件を横浜の本宮ではどうとらえているのか?取材してもらえませんか。横浜も一族相伝なんですかね?実態は神社も寺社...

    さくらさくさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

どんなところでお酒を飲む?

おしゃれな「バー&レストラン」
リーズナブルに「居酒屋」
もっとリーズナブルに「角打ち」
カラオケとセットで「スナック」
1番くつろげる「自宅」
自然を味わいたいから「公園」
その他
お酒飲めない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

5月14日に「東京湾フェリー」60周年特別クルーズの運行が。満席・キャンセル待ちで残念。次回はあるの? 経営厳しい東京湾フェリーを盛り上げる為にも調査を(よこはまいちばんさん)

はまれぽ調査結果

「東京湾周遊60周年特別クルーズ」は発売後すぐに完売した人気企画。東京湾クルーズ自体は、毎年5月に開催されていて、来年も実施予定

ライター:やまだ ひさえ (2017年05月18日)

2017(平成29)年5月14日、日曜日。

先日、「経営が厳しいって本当?」とレポートした「東京湾フェリー」による東京湾周遊60周年を記念する特別クルーズが、横須賀市の久里浜港で行われた。
 


久里浜港のフェリーターミナル
 

前日の雨があがったのはよかったが、あいにくの曇り空。気温も低めで肌寒い天候なのだが、受付開始の30分前となる午前8時ごろには、既に楽しみしていた乗客が列を作っていた。
 


受付は外の特設テントで行われる
 


一番乗りは横浜市在住の服部さん
 

始発のバスでやってきたという服部さんは夫婦で参加。
 


東京湾フェリーから送られたDMをお持ちだった
 

実は、今回の特別クルーズは車での乗船ができないため、参加者は電車とバスを乗り継いで来ている。
 


バスが着くたびに受付待ちの列が長くなる
 

午前8時30分、受付が始まった
 

参加費用は大人1人6000円、子どもは5000円。

船内で行われる抽選会の引換券にもなっている「乗船券」、船内の売店や屋台で使える1000円分の「ミールクーポン」、特別クルーズをデザインした「缶バッジ」、そしてパンフレットの4点セットが受付時に手渡される。
 


乗船記念に配布される4点セット
 

出航時間まで整列して待機
 

申し込み人数に制限がないため、ほとんどの参加者がカップル、家族連れ、グループ。なんと1人で9人分を申し込んだ強者もいたそうだ。

「定員500名の乗船券が、発売後すぐに完売しました」と話してくれたのは東京湾フェリー株式会社総務部長の山本道明(やまもと・みちあき)さん。

それほど人気の企画だけに、この日ばかりは定期航路の一部を運休し、特別クルーズの運航に努めている。
 


クルーズは利用者が少ない時間が選ばれている
 

ここで、キニナルに投稿されていた“次回”も開催されるのかという点を聞いてみた。

山本さんによると「今年は1957(昭和32)年の弊社設立から数えて60周年ということで記念の特別クルーズを企画しましたが、東京湾周遊クルーズ自体は、毎年5月の予定で開催しています」とのことだった。
 


来年も開催される見込みだ
 

クルーズが始まったのは2007(平成19)年のこと。「5月に開催するのは、気候がよくクルーズに向いているからです」と山本さん。

開催要項が決定すると、東京湾フェリーのホームページ上で公開される。
 


HPに専用ページが開設される
 

ホームページで告知が始まるのは3月末~4月の初旬。それ以外に神奈川新聞などでも記事と広告が掲載され、それを見て申し込んだ人も多い。
 


横須賀市在住の峯村(みねむら)さん親子
 

クルーズ初参加とのことだが、お父さんは船酔いするためにお留守番。
 


横浜市鶴見区からやってきた山本さんご夫妻
 

ご主人はプライベートでもよく東京湾フェリーを利用しているそう。
 


東京湾フェリー「くりはま丸」のTシャツを着用している参加者も
 

午前9時40分の受付時間が終了するころ、クルーズ船となる「しらはま丸」が入港した。
 


着岸したしらはま丸
 

すぐに乗船が始まった
 

人数が多いため安全面を考慮し、車をデッキへ移動させる際のタラップが使われた。

午前10時10分、しらはま丸は久里浜港を出航。東京湾周遊クルーズが始まった。
 


いよいよクルーズ開始
 


いよいよ東京湾へ!・・・キニナル続きは次のページ
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事