検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

激辛ラーメンを食べられるお店教えて、でもニンニク少な目のを探しています(ななここさん)

はまれぽ調査結果!

赤くない激辛ラーメンを紹介。ザ・ラーメン屋の「カレーラーメン」と麺や勝治の「青唐辛痛麺」を完食

  • LINE
  • はてな

2017年05月10日

ライター:カメイアコ

激辛ラーメン、またやるってよ

前回の取材、今後の人生で、役に立つのかどうか分からない才能を開花させてしまい、ライター・カメイが激辛ラーメンの続編を担当することになった。
これまで、履歴書の特技欄は空白だったが、これからは“激辛料理を完食すること”と記述したいと思っているので、ガンガン食べていきたい。
 


前回は、丼が真っ赤に染められていたが・・・

 
さて、今回伺うのは、みなとみらい線日本大通り駅が最寄りの「ザ・ラーメン屋」と関内エリアにある「麺や勝治(めんやかつじ)」だ。
どちらも、丼が真っ赤に染まるタイプではなく、一見すると「本当に辛いの?」というビジュアル。しかし、舐めてかかったら痛い目みるぞ、というくらい激辛という2杯のラーメンを紹介したい。

日本大通り駅から徒歩5分。海岸通の入り口に店を構えるのが創業33年の「ザ・ラーメン屋」だ。
 


なんていうか、もう、いろいろキニなっちゃう

 
その潔い店名の由来は、同店を始める前に経営していた「ザ・居酒屋」にあやかって名付けられた。
 


店主の千原和政(ちはら・かずまさ)さん

 
飲食を生業とするまでは、ジャズベーシストとして活躍していた。17歳でバンドマンを志し、友人の知り合いだったギタリストに師事。といっても、横で弾いている姿を見て技術を習得していったという。

「当時は楽器を持っていて、演奏ができたら、クラブやバーで演奏をしてくれと引っ張りだこだった」と話し、高校生の千原さんも、毎夜ステージに呼ばれジャズのセッションを行っていたそうだ。現在も店経営の傍ら、月に1度はライブを行っている。
 


千原さんをお父さんと慕って、ラーメンを食べにくる若者も多い

 
「周りにいたバンドマンはグルメな人が多かったんですよ。みんなカレーやラーメンを1から作るくらい凝っていて。お客さんにもコックさんやハイソな人が多かったですから、いろんなお店にも連れて行ってもらいました。食べて、おいしいものを学んだという具合です」

お客さんの中には、クルーズ船などの乗組員も多く、船が港に到着すると1日あわただしくなる。半年、1年ぶりにご主人のラーメンを楽しみに訪れるクルーも多く、ファンはアジア、ヨーロッパと各国にいるのだとか。
 


人気のチャーハン(750円)

 
「特にチャーハンとチャーシューの味が良いと評判です」と千原さん。激辛ラーメンの取材できたはずだが、チャーハンに心が動きつつある。いけない、いけない、激辛ラーメンのことも伺わなくては。
 


カレーラーメン(激辛)ではなく、のり玉ラーメンに目がいってしまった・・・

 
カレーラーメンってどんなラーメンですかと伺うと、「しょうゆラーメンにカレーをかけているだけ。食べてみたら分かるよ」とにっこり笑って、厨房に入り、腕を振るってくださった。
 


カレーラーメン(900円)

 
思っていた感じと違って、スープのようにとてもサラサラしている。小麦粉を一切使用しておらず、どんぶり一杯のスパイスをミックスして作られる本格派。千原さんの奥様秘伝のレシピなのだとか。
 


牛の油がこっくりと浮き出す

 
「スパイスは、特注でブレンドしています。赤い油が浮いていますが、ラー油などは一切使っていません。牛バラ肉の油とカレーのスパイスが、スープにきれいに浮かび上がって、この色に仕上がります」とのこと。
 


いただきます

 
見た目以上に辛い! いわゆる日本のカレーではなく、南インド系の本格的な味がする。
 


ずずず


盛大にむせた

 
「すすっちゃだめだよ」と千原さんに笑われてしまった。
想像以上にスパイシーだが、唐辛子などで無理矢理辛くしている訳ではないので、すーっと辛みが落ち着いていく。そのかわり、体の奥からぽかぽかしてきて、スープを2口すすっただけで、汗がにじみ出す。

 

激辛だけど、体に良さそう

 
カレーは、インド人のお客さんが「故郷のお母さんの味に似ている」と絶賛するほど、スパイスが絶妙に絡み合う。カレーによく使われるスパイスである、クミンやコリアンダーの香りがふわっと鼻を抜け、意外かもしれないが麺との相性も抜群だ。

 

完食

 
完食後もしばらく手足がぽかぽかしていた。夏バテ気味の時は辛さですっきりするし、冬は冷え性女子にぴったりの一杯だ。

 

我慢できずチャーハンも、ぱく

 
うまーーーい!!!! これはもう冗談抜きに、私が知っているチャーハンという料理をはるかに越えてきた。具はチャーシューと玉子とシンプルだが、刻みチャーシューが相当に主張してくる。ラーメンに使う返しで味を付けているので、しょうゆの香ばしさが食欲をそそられ、もう止まらない。

 

ありがとうございました!

 
営業時間は午前11時から午後8時だが、忙しい日は午後3時くらいに店を閉めることもあるそう。どうかお体に気を付けて、またおいしいラーメンとチャーハンを作ってくださいね。
 
 
全然辛そうに見えない、辛くな・・・あっ、痛い!!
 

おすすめ記事

イセザキ・モールの激辛「麻辣湯」を出す「寅馬」に突撃!

横浜駅直結! 喧騒を忘れ、お買い物の疲れを癒す、ゆったりカフェ「FELICE(フェリーチェ)」

  • PR

「蒙古タンメン中本」、神奈川初上陸の川崎店に突撃!

手作りの優しさに包まれて、ゆっくりとティータイムを。気軽にチョークアートを体験できるのも魅力!

  • PR

激辛ラーメンを提供する戸塚の2店舗に突撃!

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

中華街で一番美味しい肉まんのお店はどこ?

安い旨いの理由はフレンチ出身のシェフにあり!豪快かつ繊細な料理に目と舌に喜びを「横浜ビストロZIP」

  • PR

新着記事

辛いもの好き集合! 黄金町「征虎」で“変態”カレータンタン麺に挑戦

    • 面白かった156
    • 面白くなかった118
    • コメント2
  • 2018年06月22日

セネガル料理が食べたい! サッカーW杯対戦国料理を求めて東戸塚へ

    • 面白かった40
    • 面白くなかった25
    • コメント0
  • 2018年06月23日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

「人をもてなす」基本中の基本に忠実だからこそ再訪を誓う。「焼肉おくう横浜本店」

  • PR

アヒージョ専門店が野毛に。味わいとバリエーション豊かなアヒージョとお酒が楽しめる新名店「SPOON」

  • PR

あなたの人生を手厚く支える最適な保険を提案。100年先も愛される保険代理店をめざす「株式会社仲亀」

  • PR

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

ギター専門の整体師!?音楽の街横浜でギターやベースの修理・メンテナンスを行う、リペアマン常駐の楽器店

  • PR

本当に適正で二人に合ったウエディングを提案してくれる「ウエディングエージェンシー」

  • PR

残業後でも間に合う! お手入れしやすいヘアスタイルをトップレベルの技術で実現する「TAKASHI」

  • PR

お気に入りの紅茶がきっと見つかる、横浜元町老舗の紅茶専門店「ラ・テイエール」

  • PR

介護を軸に、新たなコミュニティ構築を模索する、中区石川町「ケアステーション・デイサービス ふれ愛」

  • PR

工事を通して感動を届ける! 人と人をつなぎ、自社事業を通じて地域貢献する「太陽住建」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜町田IC付近の高速道路上、21.2km地点の看板の下にいつも花が供えられています。10年以上献花...

  • 「はまれぽ」は横浜を代表するWebメディアだと思いますが、公式Instagramが全く盛り上がってい...

  • JR横浜線鴨居駅前にある不動産屋さん、何故、江戸ッ子不動産?経営者が江戸ッ子?べらんめえ口調?

あなたはどう思う?

トップページをリニューアルしたPCサイトの感想は?

最近のコメント