ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜市の小学校の給食にでてる紙パックの牛乳が販売されてるお店があるか気になります。小学生の頃、毎日のように飲んでたあの牛乳が一般人でも入手可能なのか知りたいです。

    コウフォトさん

    久里浜港近くの三富屋直売所が気になります。金土日月しか営業していなお店で可愛いおじいちゃん、おばあちゃんが笑顔で迎えてくれます。コロッケやメンチカツが安くて美味しいお店です。この店の正体を調査願います...

    Lewisさん

    山手カトリック教会の脇に住んでいます。毎晩、1時間に1回ほどの間隔で(何分かは不定期)、"プ~、ファ~"とラッパの音が聞こえてきます。そのうち、21~22時台には、ラッパの直後に鉄...

    たなやんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

まだまだ花火大会は開催中!あなたはどこの花火大会に行きますか?

よこすか開国祭
サザンビーチちがさき花火大会
小田原酒匂川花火大会
三浦海岸納涼まつり花火大会
川崎市制記念多摩川花火大会
鶴見川花火大会
納涼花火(江の島マイアミビーチショー)
金沢まつり花火大会
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
2位
開店したらすぐ閉店? 戸塚の伝説のラーメン店「カミカゼ」に突撃!
3位
家系ラーメンの風雲児! 多店舗経営で独自の存在感を放つ「ウルトラフーズ」を調査!
4位
「かっぱ寿司」食べ放題の全88種を男2人で制覇できるか!?
5位
【はまれぽ名作選】横浜で美味しいうなぎが食べられるお店はどこ?
6位
【ニュース】横浜で「一番高い」ビアガーデン!
7位
【編集部厳選】麺を啜れ! 家系・二郎「じゃない」横浜のラーメン特集!
8位
エビが立っている!? 大船の老舗定食屋「ときわ」へ突撃!
9位
横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「六角橋商店街周辺の『隠れ』から揚げ定食」編
10位
【はまれぽ名作選】超ディープ! 鶴見川沿いに突如現れる駄菓子屋で定食屋で飲み屋の「何屋なのか分からない店」に突撃!
11位
【編集部厳選】暑いからニンニクたっぷり食べてスタミナつけよう!
12位
【はまれぽ名作選】横浜最古の酒場はどこ!?
13位
【はまれぽ名作選】昭和のノスタルジーを感じさせる横浜の酒場めぐり。絶品鳥料理をいただける、西横浜「やまと」編
14位
本牧のソウルフード! 四角いピザを食べられる店が増えているって本当?
15位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
16位
【はまれぽ名作選】居酒屋チェーンの「養老乃瀧」、1号店は横浜って本当? 
17位
【編集部厳選】食欲がわかない暑い日は、おそばをすすろう!
18位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
19位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
20位
横浜の老舗大判焼き店「おすとあんでる」。包み紙に隠された謎の挿絵の正体は?
21位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.2』~「ジントニック」とイロハ~
22位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
23位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.1』〜「マティーニ」とバー初心者〜
24位
きょう本牧にオープン! すかいらーくグループの日本初ハワイアンレストラン「La Ohana」の詳細をレポート!
25位
体温を下げて夏バテ防止になる料理って!? 教えて○○さん! イタリア料理編
26位
ライター松宮が体を張って検証!野毛の三大にんにく料理をはしごすると、臭いはいつ消える!?
27位
古き良き昭和の味! 5席しかない? 大船の激セマ老舗ラーメン店「天龍」に突撃!
28位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
29位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
30位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

観光客でにぎわう中華街。ゴールデンウイークにちなんだ“金”の名を持つグルメを探して!(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果

食べ歩きから〆のデザートまで、5種類の“金”の名を冠するグルメをご紹介!

ライター:黒澤 陽二郎 (2017年05月04日)

ゴールデンウイーク(以下、GW)だから“金”を探す。

いつだか、どこかで聞いたような依頼に悪い予感を覚えつつ、編集部・小島との待ち合わせ場所「横浜中華街」へと向かう。



金ピカ男とゴールデンな食べ物を探す旅
 


言わずと知れた横浜の観光名所「横浜中華街」に到着

 
GW直前の金曜日。善隣門(ぜんりんもん)からまっすぐ伸びる「中華街大通り」は、観光を楽しむ人々で混み合っている。そんなにぎわいの中から、編集部・小島の声が聞こえてきた。

「おーい! こっちこっち!」
 


あぁ、予感は的中。案の定、金色のやつだ

 
これだけの人の目をもろともせず、金ピカ姿でやってきた度胸だけは讃えるが、同行するこちらの身にもなってほしいところだ。
 


なぜか顔まで金色。輝きに磨きがかかっている

 
「横浜中華街ってさぁ、金色文字の看板がいっぱいあるし、『金』という感じがしない? それにせっかくのGWだし、体の内も外も全部『金』で埋め尽くしたくってさ。顔も金色にして、『金』と名のつくグルメを探しに来たって訳よ」
 


などと訳のわからないことを供述する小島

 
でもなんか金に対する熱量がすごいから、一緒に探そうって思えてきたよ。愛くるしいなぁ小島は。

ということで、名前に“金”がつく食べ物を2人で探しにいくことに。



黄金のフカヒレスープとゆかいな仲間たち

“金”の名を冠したグルメって、そんなにあるのかという疑問を抱きつつ、善隣門から中華街大通りをまっすぐ進むこと約1分。いとも容易(たやす)く1品目を見つけられた。
 


「公生和(こうせいわ)」にて「黄金ふかひれスープ」を発見


小島のライバルっぽいキャラクター「フカヒレマン」が目印

 
お目当ての「黄金ふかひれスープ(300円/おこげ入り350円)」をいただく。
 


「おすすめ」とあるおこげ入りを購入

 
フカヒレ、タケノコ、シイタケ、タマゴ、各種調味料を企業秘密の出汁で煮込んだ一品。コラーゲンがたっぷり含まれているため、女性におすすめなのだそう。
 


フカヒレマンとの2ショット。フカヒレマンの笑顔から小島との友情が芽生えているように見える

 
「出汁はあっさりとしていますが、食材の旨味が溶け出したトロトロのスープは後を引く味わい。最初はサクサク、時間が経つとしっとりするおこげで、2度食感を楽しめますね」と小島。少し気温の下がる夕方に、体を温めるのにもうってつけだ。

美味しいふかひれスープだが、「黄金」と名前につく理由があるはず。店長さんにその秘密を伺った。
 


優しい笑顔が素敵。店長の上田恵明(うえだ・えみ)さん

 
「フカヒレは高級食材だけれど、気軽に食べてほしい。そんな思いで『黄金ふかひれスープ』や『フカヒレまん』などを開発しました」と上田さん。

スープに使うフカヒレは、余計なゼラチンや肉を除去し、繊維状になった「金翅(きんし)」という状態のものを使用する。また、フカヒレは中国で王族が食べる高貴な食材のため、「黄金」をつけることでそのイメージを大切にしたいとの思いから名付けたそう。
 


「20年以上前にフカヒレを食べ歩きできるようにしたのよ」

 
創業90年以上という老舗「公生和」。もともと中華食材などの販売、卸売業からスタートしたお店なので、土産物も充実している。夕方は比較的混雑しないようなので、帰り際に立ち寄ってみるといいかも。
 


友情が愛情に変わったところで、2品目を探しにいく

 


餃子で金、鳥でも金、豚でも金

「公生和」を出てさらに奥へと進んで行く。さて、どんな大冒険になるだろうか、と思った矢先、すぐに“金”がつく食べ物の看板が目に飛び込んでくる。
 


しかも2品同時に、である

 
「華龍飯店」の一角に、持ち帰り専用の販売スペースがある。そのメニューに「黄金餃子」「金の鶏柳(ジーリュー)」の文字が。

展開の早さに戸惑う筆者。対して小島は「ほらね。金があふれてるでしょ」と得意げである。さて、さっそく2品ともにいただく。
 


「黄金餃子(400円/6個入)」。黒酢しょうゆをかけて食す

 
カリッと揚がった皮と、ジューシーな餡とのコントラストが魅力、黒酢しょうゆでさっぱりいただける。一口サイズで食べやすく、食べ歩きにちょうど良いボリュームだ。
 


「金の鶏柳(ジーリュー)(300円/Sサイズ)」

 
鶏柳とは中国語で鶏のササミのこと。棒状のササミを唐揚げにしたような食べ物で、サクサクの食感が楽しめる。Sサイズでも1人で食べるには多い感じがする。数人でワイワイ食べるのが正解だろう。

店員さんによると、名前に“金”をつけた理由は2品とも見た目が金色だからだそうだ。
 


「並んでいる方全員と目が合いましたが、まだまだ探しますよ」

 
ここまでスラッと金の名を持つグルメを3品ゲット。食べ歩きはこの辺にして、がっつり系料理を探しに行く。
 


道中「金の豚」を見つけ大はしゃぎする小島だが、食べられないので却下した

 
 
まだまだあります! 黄金料理!
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

横浜中華街で何も食べずに歩き続けるとどうなる?

サインだらけの横浜中華街、一番多く飾ってあるお店はどこ?

「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店!