ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    国道246号線を走ってると気になるんです。伊勢原の大山阿夫利神社方面に入る交差点近くにある、大きな看板「大山豆腐」が掲げられている閉鎖されている工場があります。何度も食べた豆腐のメーカーだと思うのだけ...

    inemugiさん

    昨日10/17(火)の日本経済新聞に 「リゾートトラスト社がみなとみらい地区に高級ホテル2軒新設」の報が掲載されてましたホテル事情の変化の取材を

    TTTさん

    ハワイの高級ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」が2020年にみなとみらいにオープンするそうですが、高級そうで行けるはずないので、代わりにレポートお願いします。

    黒霧島さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
2位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
3位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
4位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
5位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
6位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
7位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
8位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
9位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
10位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
11位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
12位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
13位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
14位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
15位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
16位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
17位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
18位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
19位
2学期制って良くなかったの?
20位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
21位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
22位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
23位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
24位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
25位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
26位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
27位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
28位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
29位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
30位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

箱根小涌園が営業終了とのこと。箱根を代表する施設の一つが無くなるのは寂しいです。60年の歴史と今後がキニナル!(かにゃさん)

はまれぽ調査結果

2018年1月に営業終了するのは箱根小涌園の数ある施設のひとつ、「箱根ホテル小涌園」。終了理由は箱根エリアの活性化のため。まだ予約可能!

ライター:すがた もえ子 (2017年04月11日)

箱根を代表する施設のひとつ、箱根小涌園が営業終了するというニュースが飛び込んで来た。いったいどういう理由なのか? 今後はどうなってしまうのだろう? さっそく箱根小涌園まで出向き、お話をうかがってきた。

 

箱根ホテル小涌園の外観
 

箱根ホテル小涌園は外から見ると無機質な白い建物だが、中に入った時のロビーのぱっと開けた感じというのは、なかなか感じられないものだと思う。

窓の外は季節ごとの景色で彩られる
 


動画の最後に映っているしだれ桜は、毎年4月ごろ、満開を迎えるそうだ
 

今回対応してくれたのは、藤田観光株式会社リゾート事業グループ箱根小涌園販売予約課長の渡辺昌乗(わたなべ・まさのり)さん。

 

お忙しい中ありがとうございます!
 

渡辺さんによると、2018年1月10日で営業終了と発表した直後は、お客さんから多くの電話があったそうだ。多くはホテルの営業終了を惜しみ、思い出話をする人たちだったとのこと。同ホテルの持つ長い歴史を考えれば当然だろう。

また、ウェブ予約可能な同社のホームページにもアクセスが集中し、報道直後には直近の予約がたちまち埋まったそうだ。



営業終了する「箱根ホテル小涌園」

「箱根小涌園」とは日帰り温泉施設を中心に、その周りにある4つの宿泊施設を含むリゾート施設の総称だ。その宿泊施設の一つ「箱根ホテル小涌園」が来年2018年1月に営業を終了し、今後再開発されていくことになるのだという。

今回の営業終了という報道で、箱根小涌園全体が営業終了になると思った方もいるかもしれないが、終了となるのは「箱根ホテル小涌園」のみだ。

 

営業終了となるのは「箱根ホテル小涌園」のみ
 

この箱根エリアで、100年先まで箱根小涌園というリゾート施設を営業するための再開発計画の一環として、営業終了を決めたということだ。



箱根小涌園のあゆみ

「箱根小涌園」は、これまでにもさまざまな施設が作られては、新しい施設へとその姿を変えていった歴史がある。そのあゆみを紹介していこう。

箱根の観光地としての開発は、明治の終わりぐらいからといわれている。それより前はおもに都内在住の富裕層が箱根を別荘地として使用していた。

1918(大正7)年に藤田平太郎(ふじた・へいたろう)男爵が別荘として建てた現在の貴賓館が「箱根小涌園」の始まりで、それを譲り受けた藤田観光の初代社長・小川栄一(おがわ・えいいち)が1948(昭和23)年5月に旅館としての営業をスタートさせた。

 

1948(昭和23)年ごろの貴賓館(きひんかん)
 

現在、貴賓館はそば会席を出すレストランとして営業
 

小涌園開業当初の年表
 

1949(昭和24)年には、蒸気泉(第1号温泉)が噴出。これを基に温泉の採掘を開始した。

 


一番最初に掘り当てた第1号温泉(1949<昭和24>年ごろ)
 

初代社長の開発イメージとして遊園地のような施設を作りたいという意向があり、オープンしたのが「小涌園遊園地」。遊園地といっても電車みたいな乗り物がちょっと動くものとか、温水プールなどがあるような施設だった。

 

小涌園遊園地(1950<昭和25>年ごろ)

 
 

1953(昭和28)年には愛甲郡にあった迎賓館という建物の移築を行った
 

当時としては古民家の移築は珍しかった。迎賓館は貴賓館の向かい側に建てられており、2001(平成13)年に国登録の有形文化財に指定されている。

 

迎賓館は現在はステーキハウスとして営業
 


「箱根ホテル小涌園」はいつから始まった? キニナル続きは次ページ!
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事