ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    ちょっと早いですが、はまりんフェスタの取材お願いします。

    浅間町9-4532さん

    ぶらりSAN路線が運行を開始してからまもなく1年。1年前に取材していただいた時に目標利用人数が書かれていたが、それと比べて利用者数は上回っているの?下回っているの?

    浅間町9-4532さん

    『四軒道路』について調査お願いします岡村から国道16線にでるところに、四軒道路入り口という名前の交差点があります。岡村出身のユズの歌にも、四軒道路 とあるので、それなりに有名で栄えていたと思うのですが...

    あらたたけるさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
高さ1.2メートルのガードを発見! 低いガードがあるという噂の南武線に突撃!
3位
航空写真に写る米軍施設から伸びる謎の軌道とは?
4位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
5位
【フォトれぽ】横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017年」潜入レポート!
6位
何かと話題の『セシルのもくろみ』も! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.2
7位
【I☆DB】ファンに「一目置かれる」シブいユニホームって誰だ?
8位
人気作家原作のドラマも! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編
9位
フリルの水着を素敵に着こなす癒し系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【江の島海岸編 第3弾】
10位
最終回目前のドラマも! 横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.3
11位
鮮やかなブルーの水着をまとうスレンダー美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【総集編】
12位
【I☆DB】川崎球場時代からのファンも!? オールドファン&熱狂的なファンに突撃!
13位
【I☆DB】全力応援企画! 横浜DeNAベイスターズ、19年ぶり日本一への道!
14位
伊勢佐木町が大プッシュ! 「ヨコハマメリー」から11年、『禅と骨』公開中!
15位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 前編ー
16位
【編集部厳選】オトナの自由研究してみませんか?
17位
【フォトれぽ】横浜赤レンガ倉庫で行われている「横浜グルメンタ」をレポート!
18位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
19位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
20位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
21位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 後編ー
22位
【はまれぽ名作選】桜木町に「人間性回復のチャンス」という看板が!これは何?
23位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
24位
【編集部厳選】暗号? デザイン? それとも秘密のなにか? 街で見かける不思議なアレ!
25位
【I☆DB】ベイ戦士に思い出してほしい! あの試合あの場面!
26位
【編集部厳選】いくつ知ってる? みなとみらい線のヒミツ!
27位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
28位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
29位
【I☆DB】仕事中もバレずに横浜DeNAベイスターズの試合経過が分かるって本当?
30位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」にライター・山崎が突撃!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

能見台付近にあるカワセミが来る池を探しています。緑地や公園が多くどこなのかわかりません。詳しい調査をお願いします(宮里砂智子さんのキニナル)

はまれぽ調査結果

日本野鳥の会神奈川支部に聞いたところ、オススメは「長浜公園」。「称名寺」、「金沢自然公園」など、ほかのスポットも

ライター:田中 大輔 (2017年04月03日)

「空飛ぶ宝石」とも呼ばれる鳥、カワセミ。

背中から腰にかけて光るコバルトブルーの羽は、野鳥ファンならずとも引きつけられる美しさだ。実物を見たことがないという人でも、その姿を知っている人は多いだろう。
 


美しい(フリー画像より)

 
あれだけキレイな鳥となると、なんとなく“特別な鳥”という感じがして、身近にはいないような気がしてしまう。

でも、実はカワセミは意外と近い場所でも観察することのできる鳥なのだ。今回は、キニナルにある横浜市金沢区の能見台周辺でカワセミと出会えるスポットを探ってみた



能見台周辺にカワセミはいるか!?

まずは、そもそもカワセミがどんな場所にすんでいるのか知るべく、「日本野鳥の会神奈川支部」で探鳥会リーダーを務める権守和彦(ごんのかみ・かずひこ)さんにお話を聞いた。
  


権守さんはカワセミについて丁寧に教えてくれた(同)

 
権守さんによると、カワセミは「平地から低山地の川や池、沼、湖に生息する」とのこと。

つまりは水辺で、そういった場所でフナやメダカ、ウグイ、ドジョウ、エビの仲間、アメリカザリガニ、ヤゴなど、さまざまな獲物を食べて暮らしている。狩りの方法は、空中や水辺の枝などから水中に飛び込むというスタイルだ。
 


水中の魚をキャッチし、翼で水を強くたたいて再び浮上するカワセミ(同)

 
かつては、水質の悪化でエサとなる魚が減ったことや、巣を作るのに必要な土手や崖が護岸のためにコンクリートで固められてしまったことで、その数を減らしたというカワセミ。しかし、「今は回復しています」と権守さんは言う。

自らも金沢区に住んでいるという権守さんは、「区内の場合、市街地の公園にある池でも見られます」と続ける。具体的に聞いてみると、一番見られる確立の高い場所として「長浜公園」を挙げてくれた。
 


能見台駅のほか、隣の京急富岡駅などからもアクセスできる
 

園内に昨年オープンしたミスト噴水。夏は大はしゃぎの子どもたちでにぎわう
(画像提供:長浜公園)
 

長浜公園は、京急・能見台駅から海側へ20分弱歩いた場所にある大きな公園だ。園内に横浜横須賀道路が通り、それを境に北側には野球場やテニスコート、サッカーなどができる多目的グラウンド、子どもが遊べる遊具などがそろっている。

そして、横横道路の反対側には汽水(きすい:淡水と海水が混ざった状態)池があり、その周辺が野鳥観察園として整備されている。権守さんが言う「金沢区で最もカワセミに出会えそうな場所」はまさにココを指しているのだ。



いざ、長浜公園

長浜公園の汽水池は、元々は1895(明治28)年に造られた長浜検疫所の船たまりの跡だそうだ。現在は、横浜で唯一の汽水池となっている。

池の周りにはAからDまで4つの野鳥観察小屋が設けられ、そこから池に集まる野鳥を観察することが可能だ。
 


コチラは観察小屋B。壁にある窓から野鳥を観察する


観察小屋Dから見た池の景色。季節や時間で表情を変える

 
カワセミだけでなく、カモやサギの仲間やカワウなど、多くの野鳥が水辺に集まって来ている。

また、池だけでなく周囲の木々も多様な鳥たちでにぎわっている。時おり、猛禽類のミサゴも姿を現すそうで、バードウオッチングをするには持って来いのスポットになっているというわけだ。

 

池の中州には羽を休める鳥たちの姿


観察小屋ごとに、観察のポイントなどを紹介する看板が

 
長浜公園の黒瀬温(くろせ・ゆたか)さんによれば、「カワセミがよく見られるのは観察小屋AとBです。稀ではありますが、Cでも目撃されています」とのこと。その中でも、「池に流れ込む川が見られる観察小屋Aがオススメ」だそうだ。

川の淵にいくつかの止まり木や岩があるため、その辺りにカワセミが止まっている姿を見ることができるというわけだ。さっそく現地に赴き、観察小屋から川を眺めながら主役の登場を待った。

 

コチラが今回の本丸、観察小屋A


Aの窓から見える風景。この川が、写真奥側にある汽水池まで伸びている

 
取材に訪れたのは、3月初旬の午前10時過ぎ。カワセミの繁殖期は3月から8月だそうで、この春の時期は観察に適した季節だと権守さんは言う。

黒瀬さんも「冬場はエサとなる魚が減るので、チャンスも少なくなる」と話し、やはり春から秋にかけてがカワセミ観察に適していると教えてくれた。

時間については、「日中より採餌の頻度が高いようなので、朝と夕方がいいでしょう」と権守さん。黒瀬さんも「朝方の目撃情報が多い」と話してくれた。
 
 
「宝石」は見つかるか
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事