ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜市立の高校について教えてください、学費や施設が充実してますよね?

    ななここさん

    横浜では様々なバス会社のバスが運行しています。一番長い距離、一番料金の高い、一番所要時間の長いバス路線をそれぞれ知りたいです!

    コウフォトさん

    相模原駅近くにある氷川神社に「開墾記念碑」が建てられています。その書は徳川15代将軍の徳川慶喜によるものですが、表記は源氏性の「源慶喜」を名乗っています。清和源氏と徳川家の所縁については諸説ありますが...

    栄区かまくらさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

シーズン到来!今年の夏はどこの海水浴場に遊びに行きますか?

海の公園
三浦海岸海水浴場
一色・森戸海水浴場
逗子海水浴場
由比ガ浜・材木座海水浴場
片瀬東浜・片瀬西浜海水浴場
鵠沼海水浴場
サザンビーチちがさき
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
2位
「7月23日今日は何の日?」
3位
「無期限休業」状態だったラーメン二郎 横浜関内店が営業再開!
4位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
5位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
6位
開店したらすぐ閉店? 戸塚の伝説のラーメン店「カミカゼ」に突撃!
7位
家系ラーメンの風雲児! 多店舗経営で独自の存在感を放つ「ウルトラフーズ」を調査!
8位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
9位
【ニュース】3連休は花火大会が目白押し!
10位
「かっぱ寿司」食べ放題の全88種を男2人で制覇できるか!?
11位
古き良き昭和の味! 5席しかない? 大船の激セマ老舗ラーメン店「天龍」に突撃!
12位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
13位
気分はインディ・ジョーンズ!? 横浜市立大に隠された「謎の洞窟」を探索!
14位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
15位
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
16位
武蔵小杉駅前にある創業53年の老舗店「喫茶ブラジル」が閉店。その理由とは?
17位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
18位
きょうオープン! 高架下の新商業施設「ウィングキッチン京急鶴見」の様子を一足早くレポート!
19位
1972年の横浜市電全廃から45年、当時の姿でよみがえった保存車両の現状に迫る!
20位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
21位
【ニュース】横浜で「一番高い」ビアガーデン!
22位
民家or旅館!? それともラブホテル!? 戸塚にあるナゾの建物に突撃!
23位
横浜市長選立候補予定者が激論を交わした公開討論会の様子をレポート!
24位
大船のフラワーセンターが閉園!? 噂の真相を徹底レポート!!
25位
【編集部厳選】麺を啜れ! 家系・二郎「じゃない」横浜のラーメン特集!
26位
エビが立っている!? 大船の老舗定食屋「ときわ」へ突撃!
27位
横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「六角橋商店街周辺の『隠れ』から揚げ定食」編
28位
【はまれぽ名作選】超ディープ! 鶴見川沿いに突如現れる駄菓子屋で定食屋で飲み屋の「何屋なのか分からない店」に突撃!
29位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
30位
【編集部厳選】暑いからニンニクたっぷり食べてスタミナつけよう!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横須賀市民から「英雄」とされるデッカー。米軍横須賀基地司令官として軍務そっちのけで市民救済に注力。学校や病院建設のために占領地を返還。目標は「日本一の都市・横須賀」だった(栄区かまくらさん)

はまれぽ調査結果

ベントン・W・デッカーは4代目の司令官として米海軍横須賀基地に着任。経済、医療、教育、婦人の地位向上など横須賀の再建と民主化に尽力

ライター:やまだ ひさえ (2017年03月26日)

横須賀市の高台にある中央公園の中に1体の胸像がある。
 


横須賀市深田台にある中央公園
 


デッカー指令長官という名前が刻まれている
 

台座には興味深い一文が刻まれている。

「横須賀市再建の恩人ベントン・W・デッカー司令長官」
 


「再建の恩人」の意味するものは?
 

台座に付けられているプレートによると、胸像は1949(昭和24)年に横須賀市役所前の公園に設置された。

しかし、同公園に地下駐車場を設置することになり、1995(平成7)年10月、現在の地に移設されたとなっている。
 


横須賀の街と海を見守るように立つ像
 

移転させてまで残したかったデッカー司令官の胸像。

「横須賀市再建の恩人」の意味を追ってみた。



『黒船の再来』に込められた思い

デッカー司令官とはどういう人物なのか。インターネットで調べてみると、彼の回想記である『黒船の再来』が出版されていることが分かった。
 


回想記の発刊を伝えるホームページ
 

同著はデッカー司令官と奥様のエドウィーナ夫人による共著。夫人が残しておいたデッカー司令官の膨大な書簡やメモをもとに、退役後に書かれたものだ。

600ページを超える日本語版の翻訳を行った「横須賀学の会」の代表の大橋祥宏(おおはし・よしひろ)さんにお話を伺った。
 


「横須賀学の会」の大橋さん
 

大橋さんは小学校4年生で終戦を迎えた戦中派世代。デッカー司令官と直接の面識はないが、彼の功績の恩恵は受けたという。

大橋さんによると『黒船の再来』は、デッカー司令官が米海軍横須賀基地に着任していた4年間を回想した記録書で、1978(昭和53)年、アメリカで出版されたのち、日本の行政や企業などに贈られたとのことだ。しかし、一般には、本の存在そのものが知られていなかった。
 


一般に知られることがなかった回想録
 

正直、横須賀が地元の筆者もこの本を知らなかったし、デッカー司令官という人物自体を知らなかった。著者に親(ちかし)い横須賀市民に聞いても、第二次世界大戦が歴史の教科書の中のものになった世代の多くがデッカー司令官を知らなかった。

「横須賀市再建の恩人」であるはずなのに、世間に知られていないというギャップはどうして生まれたのか。疑問は多い。



軍都・横須賀の終焉

1945(昭和20)年8月15日、日本はポツダム宣言を受諾。第二次世界大戦の敗戦が決まった。

連合国軍は、軍都として重要な位置を占めていた横須賀への進駐を決定。しかし、安全に占領できる保証はなかった。
 


横須賀上陸計画が練られていた(『占領下の横須賀』横須賀市刊より)
 

連合国軍は、相模湾に面した逗子海岸に上陸、同海岸を制圧したのち陸路で追浜(おっぱま)飛行場を制圧

さらに南下し海軍工廠一帯を占領する計画が立案されたが、移動距離が長く危険を伴うとのことで中止され、浦賀(うらが)水道から横須賀に上陸するルートに切り替えられた。
 


東京湾を進む米英艦隊(同)
 

1945年8月30日、上陸作戦が決行された。

同日午前8時29分、横須賀海兵団南側海岸で、1分後の8時30分には追浜飛行場東浜で上陸を開始。関係施設を次々に接収していった。
 


横須賀海兵団南側海岸に上陸する連合国(同)
 

上陸部隊の進駐が進むなか、横須賀海軍基地の引き渡しを行うために、基地内の小海(こかい)岸壁に米軍の第31任務部隊旗艦「サンディエゴ」が着岸した。
 


横付けされた旗艦「サンディエゴ」(同)
 


横須賀海軍基地の引渡し(同)
 

終戦のわずか3ヶ月前に横須賀鎮守府長官に就任した戸塚道太郎(とづか・みちたろう)によって「横須賀港引渡書」が連合軍に手渡された瞬間、横須賀造船所開設以来約80年に渡る、横須賀における日本陸海軍の歴史に幕が落された。
 


基地内に星条旗が掲げられた(同)
 

横須賀鎮守府の庁舎は米軍に接収され、米海軍横須賀基地の司令部として新たなスタートを切ることになった。
 


司令部となった旧横須賀鎮守府(同)
 

初代司令官に就任したのは、上陸部隊司令官でもあったオスカー・C・バジャー少将。
 


写真左が庁舎内を視察するバジャー少将(同)
 

終戦当時の横須賀基地は、小型ボートやタグボートが海中で朽ち、焼けただれたトラックが路肩に何台も埋もれ、使われなくなった建物が点在し、衛生状態も劣悪だった。
 


打ち捨てられた
特攻兵器「震洋」(同)
 

結果、バジャー初代司令官、オリバー・O・ケッシング2代目司令官、ハロルド・M・ブリッグス3代目司令官の出した結論が横須賀基地不要論。「基地を爆破し、全員をアメリカに帰還させろ」というものだった。

それに真向から異を唱えたのが、1946(昭和21)年4月3日に就任した4代目司令官ベントン・ウィーバー・デッカー大佐だった。
 


横須賀基地の重要性に着目していた
 


デッカー司令官と新たな横須賀・・・キニナル続きは次のページ
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

「東京湾要塞の要」、横須賀・観音崎にある砲台跡の歴史は?

横須賀の山中、「どう見てもただの一軒家」の中華まんが絶品

超個性派横須賀B級グルメパン「ポテチパン」とは?