検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

横浜赤レンガ倉庫の近くに新しく国の機関などが集まった庁舎ができるそうだけど、詳細は?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果!

横浜税関の向かいに公共職業安定所、検疫所など16の国の機関が入居する庁舎を建設。2022年度完成予定で、総工費約191億円。現庁舎の跡地利用は未定

  • LINE
  • はてな

2017年01月10日

ライター:はまれぽ編集部

16機関を集約

みなとみらいの「新港(しんこう)地区」に横浜税関や横浜公共職業安定所など、16の機関を集約した合同庁舎が建設される。2022年度の完成を目指している。総事業費は約191億円。
 


新庁舎に入居する16機関

 
国土交通省関東地方整備局(さいたま市)によると、建設予定地は横浜市中区新港1丁目。現在、横浜検疫所などが入居する「横浜第一港湾合同庁舎」の場所。
 


「ナビオス横浜」の向いあたり

 
新庁舎建設の理由は、現存庁舎の老朽化による耐震性の問題や業務の多様化によって手狭になったこと。

中には建築基準法上の耐震基準を満たしておらず、補修・修繕が必要な建物もあるという。
 


新庁舎ビルに入居する主な機関と築年数(同局ホームページより)

 
今後は2018年度までに、公共施設などの建設・運営の際に民間のノウハウを活用する「PFI方式」で整備方法を検討。並行して設計・施工を行い、2022年度の完成を目指す。
 


新庁舎の建設予定地

 
同局は「分散している国の行政機関を集約立体化することによって、国有財産を有効活用し、国民の利便性を向上しつつ、耐震性も確保する」としている。

 

複数個所にある機能を集約する(同)

 
新庁舎整備については、財務省の有識者会議が国有財産の有効活用を目的に東京23区外と横浜エリアの庁舎移転・再配置について検討。2009(平成21)年に「国土交通省横浜地方合同庁舎整備事業」を採択。

しかし、2011(平成23)年の東日本大震災の発生や経済情勢により、遅れが生じていた。
 


震災で耐震性の見直しがあったため、事業費も増加した

 
 
跡地の利用は?・・・キニナル続きは次のページ≫
 

はまれぽ編集部のイチオシ

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

  • PR

エアコンによる悩みを解消、一度使ったら必ず欲しくなる世界初・横浜発「ハイブリッドファン」を生んだ企業

  • PR

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

イヌやほかのペットとフロアが違うから、ちょっぴり神経質なネコも安心! 「新横浜動物医療センター」

  • PR

ペットを飼う前から相談できる!? 一生つきあっていきたい「三ツ池動物病院」

  • PR

塗装業界ではレアなショールームを開設! 見て・触って・選べる外壁塗装の専門店「ダイレクトハウス」

  • PR

年中無休体制、本当に「手厚い」ケアができる「ベルジェ動物病院」

  • PR

杉田駅直結! ジム&スタジオで体を動かし、岩盤浴で至福のリラックスタイムを「ロコスポーツ杉田」

  • PR

その味を知ったら絶対宮崎県に行きたくなる!曙町の名店「みやざき地頭鶏 てげてげ」

  • PR

思わず働きたくなる! 社員満足度ナンバーワンを目指し、業界の“当たり前”に挑戦し続ける横浜の運送会社

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング