ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年2月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    国道1号線沿い、原宿交差点の近くにある『西横浜国際総合病院』。戸塚区なのに、なぜ西横浜?国際総合病院って?キニナル…。ぜひ、調査よろしくお願い致します。

    みゆみゆさん

    麻婆茄子は横浜生まれの四川料理アレンジらしい。真相は?

    山下公園のカモメさん

    昨年末大事件を起こした富岡八幡宮の分社ですがその後続報もなく忘れ去られるのでしょうか?この事件を横浜の本宮ではどうとらえているのか?取材してもらえませんか。横浜も一族相伝なんですかね?実態は神社も寺社...

    さくらさくさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

どんなところでお酒を飲む?

おしゃれな「バー&レストラン」
リーズナブルに「居酒屋」
もっとリーズナブルに「角打ち」
カラオケとセットで「スナック」
1番くつろげる「自宅」
自然を味わいたいから「公園」
その他
お酒飲めない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

関内の相生町に男性2000円、女性500円、女装1000円の「非日常への入口」があるそうです。ぜひ、はまれぽ編集部のメガネくんこと宮城さんに1000円で調査して欲しいです!(Dすけさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

「非日常への入口」は「いろいろな性癖趣味嗜好の方が集う場所」で、バーとして楽しくお酒を飲むところだった

ライター:しば けん (2016年12月16日)

皆さんこんばんは。しばけんです。
今回、Dすけさんのキニナル(というか、無茶ぶり)を、苦虫噛み潰しながら受け入れ、張り切って調査します(はまれぽ編集部のメガネくんこと宮城さんは、諸事情にて来られませんでした)。

というわけで、我々が来たのは関内駅から徒歩10分ほどの相生町5丁目の第27国際テクノビル。
ここに非日常の空間があるのか・・・

 

テクノといえばYMO

 
看板(というか張り紙)を確認したところ・・・

おぉ、たしかに「非日常への入口」がある。

 

Dすけさんが目撃したのはこれ? 「非日常への入口」の張り紙発見

 
お店の名前を確認したところ「SM&Fetish Bar gate(エスエムアンドフェティッシュバー ゲート)」という名前。いったい、どんなことをするんだろう・・・

しばけん(以下、しば)「それじゃあ、行きましょうか」

 

誰?

 
副編集長・山岸(以下、副編)「あんた、誰!?」

しょうちゃん(以下、しょう)「しょうちゃんです」

今回、Dすけさんの要望である「女装をして調査」ですが、しばけんの女装だと「気分を害す方がいるかもしれない」という判断から、急きょ、趣味が女装のお笑い芸人「コスモスライダー・しょうちゃん」に来てもらいました。

しょうちゃんが女装に目覚めたのは約3年前。とある女装コンテストに軽い気持ちで出場したところ、ちょこちょこ「女装子(じょそこ)」として街に出るようになったのだとか。

 

カワイイ

 
副編「Twitterの画像見たけど、女装しなくても普通にカワイイじゃん! ものすごくモテるでしょ?」

しょう「いえいえ、全然モテないですよ」

副編「ふーん・・・ところで芸人ってことは、ネタはしょうちゃんが書くの?」

しょう「いえ、僕は読み書きが苦手なので、相方に書いてもらってます」

副編「(あれ? 残念な子なのか?)」

 

とりあえず、4階へ

 
一抹の不安を(主に副編が)抱きながら、4階へGO!!



オープン・ザ・非日常への入口

 

エレベーター内

 
しば「入店していきなりムチでしばかれたりするのかなぁ?」

しょう「どうなんですかね~」

あーだこーだ言いつつ、4階に到着。

 

開店時間の午後7時にドアをノックすると・・・

 
しば「すいません、はまれぽですが・・・」

ドアが開いて女性が登場。すんなり通してくれるのかと思ったら・・・

女性「張り紙をちゃんと見て、それで入ってきて」

しば「あっ、はい!」

張り紙とは・・・?

 

お店の前に張り紙を発見

 
しょう「漢字が読めないんで、何が書いてるのかよく分かりません・・・」

副編「じゃあ、読んであげるよ・・・」

 

注意事項が

 
しば「へぇ・・・SMプレイのサービスやショーはないんだ」

副編「『色々な性癖趣味嗜好の方が集う場所』・・・SMというより、バーの側面が強いのかも」

てっきり従業員がお客さんにムチをビシビシ振るうのかと思った。勘違いが解けたところで、もう一度ドアをノックしてお店に入店。

料金は以下のとおり。チャージ料(男性は2000円、女性は500円、女装をした人1000円)とドリンク1杯500円~1000円程度だ。

 

オシャレなバーカウンター

 
我々を迎えてくれたのは、SM&Fetish Bar gateの店主であり、女王様の雅(みやび)さん。
同店は2014(平成26)年10月10日にオープン。SM女王歴10年以上の雅さん一人でお店を運営されているとのこと。

副編「顔は写さないので、雅さんの体の一部だけ撮影してもいいですか?」

雅さん「ダメだね」

副編「それは、何故?」

雅さん「別の場所で“女王様”をやってるんだけど、お客さんから撮影オプションでお金をいただくこともあるのよ。だから、そのお客さんに配慮をして簡単には撮影の許可はしないの」

副編「いや、でも・・・」

しば「ごもっとです!! 雅さん、ごもっとも!!」

食い下がろうとしてきた山岸を必死に止め、ヘコヘコするしばけん。
ということで皆さん、雅さんの姿形はgateに行って確かめてください。すいません(スレンダーな美女です!)。

 

リラックマもクリスマスムード

 
しば「ところで雅さん、ここにいるしょうちゃん、女装してるんですけど・・・どうですか?」

雅さん「ん? ・・・まぁ、いいんじゃない」

あれ、薄いリアクション。もっと、イジってくれるのかと思ったのに。

しょう「僕の女装、ダメですかね?」

雅さん「だって、取材のために女装したんでしょ? なんで自分のこと『僕』って言うの? うちに来る女装子ちゃんは、ハートが乙女で本当に女の子になりたい子たちが来るんだから。割り引き目的とか、軽い気持ちで来る人は、形式上は認めるけど、納得はできないね」

しょう「すいません・・・ただ、軽い気持ちでは女装してないんで・・・」

オロオロするしょうちゃん。それを見た、雅さんは・・・

雅さん「・・・あんたの気持ちは分かったから、女装子料金にしてあげるよ。しょうがないね」

み、雅さ~ん!! カッコいいっす!!

 

よかったネ! しょうちゃん!

 
しば「張り紙を見たんですけど、雅さんが女王様になってSMプレイをするわけではないんですね」

雅さん「ここは飲みながら喋る場所。従業員の私がそういうサービスをすると、風俗店になっちゃうでしょ?」

風俗店だと勘違いして来るお客さんがけっこういるそうだが、雅さんがサービスをすることはないのでご注意を。

 

手錠やムチ・・・

 
 
お客さんが縛られて吊るされる!?・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事