ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    7月1日・2日に横浜市開港記念会館100周年のイベントが開催されますが、その日に普段は非公開の「ジャックの塔」にのぼれるそうです。イベントも含め、のぼってきてください。

    黒霧島さん

    仲町台からセンター北の港北ニュータウンには池のある公園が多くあります。人工の小川が池に流れ込んでいますが、あの水はどこから来てるんでしょうか?

    山下公園のカモメさん

    関内にある、りせっとcafeが急遽閉店するとのこと。色々な芸人、アーティストのイベントがある楽しいカフェだったのに…最後のイベントもあるようなので、是非取材してください。

    絆マンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
【はまれぽ名作選】横浜の「ガッカリ名所」はどこ?
3位
性春時代がよみがえる? 「私の香り」が買える大人の自販機に大興奮!
4位
『あなそれ』に『リバース』! 横浜のロケ地巡り2017年「春ドラマ」編!
5位
CKBも登場してイィ~ネッ! 開港祭2017初日の様子をレポート!
6位
おかえり京急デハ230系! 京急ファミリー鉄道フェスタ2017の様子をレポート!
7位
帰ってきた「走る居酒屋」! 京急×キリンビール横浜工場がコラボした「ビール電車」の様子は?
8位
あの懐かしのファミコンをもう一度! 反町の「とある店長の秘密基地」に突撃!
9位
相模原から湯河原へ! “レトロ自販機”で汚れちまった大人のココロを洗い流す旅!
10位
【はまれぽ名作選】京急の発車時に鳴る「ドレミファソラシド~♪」的な音、「ドレミファインバータ」がなくなるって本当?
11位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
12位
【はまれぽ名作選】民家or旅館!? それともラブホテル!? 戸塚にあるナゾの建物に突撃!
13位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
14位
歌って踊れる親善大使にCKB!? 「横浜開港祭2017」の見どころは?
15位
横浜市の紫陽花(あじさい)おすすめスポットは?
16位
【編集部厳選】いくつ知ってる? 横浜市営バスのヒミツ!
17位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
18位
【編集部厳選】誰が名付けた!? 謎の地名の由来!
19位
本業はどちら? ◯◯なのに◯◯のお店! (美容室編)
20位
祝残留決定! B1残留をかけた「横浜ビー・コルセアーズ」の大一番の熱気をお届け!
21位
【はまれぽ名作選】横浜で半世紀以上も現役の超レア「丸ポスト」を探せ!
22位
【編集部厳選】なんでそんな名前にしちゃったの?
23位
【ニュース】剛速球守護神がハマスタに帰ってくる!
24位
【編集部厳選】「横浜の目印」のナゾ、いくつ知ってる?
25位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
26位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(6月1日~6月7日)
27位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
28位
【ニュース】スリーエフと「飲んべえのアイドル」吉田類さんがコラボ!
29位
【はまれぽ名作選】口に指を入れて「金沢う〇こ」、それとも「学級う〇こ」? 横浜出身者は全員「金沢う〇こ」と言うのか!
30位
【ニュース】8月にプロアマの垣根を超えた野球大会を実施!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

京急が販売しているお得な切符で「みさきまぐろきっぷ」。三崎のマグロと温泉(だけじゃないですが)を堪能できます。レポートお願いします(たこさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

三浦市在住でも楽しめるのが「みさきまぐろきっぷ」。新たな発見と楽しい1日を、ぜひ、探検してほしい

ライター:やまだ ひさえ (2016年02月19日)

「みさきまぐろきっぷ」は、乗車券と食事券、レジャー施設利用券がセットになったお得なきっぷだ。
 


「みさきまぐろきっぷ」パンフレット
 

京浜急行電鉄株式会社鉄道本部営業企画課の伊藤綾香(いとう・あやか)さんによると、「みさきまぐろきっぷ」が発売されたのは、2009(平成21)年8月。

三浦地区への旅客誘致を目的とした期間限定企画だったが、好評だったため企画乗車券として通年販売となった。現在は25店舗で食事ができるほか、温泉など8施設が利用できる。
 


パワーアップした「みさきまぐろきっぷ」
 



「バスを征する者が、みさきまぐろきっぷを征す!」

「みさきまぐろきっぷ」は品川駅から三浦海岸駅までの各駅の券売機で購入可能。
 


横にあるパンフレットも忘れずに持っていこう
 

3枚セットで往復の電車代、市内のフリー区間のバスが乗り放題、食事券付き
 

購入当日のみ有効の切符で、料金は、2016(平成28)年2月現在、大人1人の値段は、品川駅から3060円、横浜駅から2960円、三浦海岸駅からは2550円だ。

横浜駅から三崎駅口の往復が1130円、京急バスの「三浦半島1DAYきっぷ」が1090円なので、これに食事が1000円未満だとしても、お土産や施設利用も選べるので、十分お得だ。
 


「分からないことは駅員に」と太田芳孝(おおた・よしたか)三浦海岸駅長
 

市内での移動は、三浦海岸駅、三崎口駅を起点としたバスが基本。三崎港に向かうなら、三崎口駅の方が本数は多い。

マグロだ、観光だと、逸る気持ちは分かるが、その前にやらなければならないことがある。
市内の移動はバスだけだが、そのバスの本数が少ない。次の移動場所へのバスの発車時間をチェックしておくことで、ロスタイムを防げる。
 


着いたらバスの発車時間チェックを忘れずに
 

2016(平成28)年2月14日から、スペシャルなバスが運行を開始した。
 


それが「ミシュラングリーンライナー号」
 

2013(平成25)年から2年間、三浦半島と城ヶ島は、『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』の2つ星、「寄り道する価値がある」場所に選ばれた。

それを記念して運行を開始したバスだが、どこを走るかはその日によって異なるので、乗ることができればラッキーだ。



三崎満喫コース!

今回は、三崎の歴史に触れながら、マグロの町を堪能できる地元筆者お薦めモデルコースを作ってみた。

まずは三崎港から徒歩約2分、「海南(かいなん)神社」へ。
 


平安時代に三浦一族によって寄進された相模国三浦の総鎮守
 

同神社の由来によると、景行(けいこう)天皇(西暦130年没)の賄(まかな)い方、磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)を祀る日本でも珍しい食の神様として知られている。
 


三崎では神様もマグロを携えている
 

三浦一族の主君にあたる源頼朝が手植えしたと伝えられる同神社境内のご神木。樹齢800年にもなる大イチョウは、昇り龍に見えるところから、運気がアップするという。
 


先端が口で上から伸びる枝がヒゲ。枝の分かれ目の上がツノ
 

「ガラス工芸館Kirari」では施設利用券を使って、ジェルキャンドルかトンボ玉を作ることができる。
 


海南神社から徒歩約3分
 

自分へのお土産にもなる
 

次は三崎の歴史に触れる場所。Kirariから徒歩1分、商家だった家と蔵をそのまま利用した「チャッキラコ三崎昭和館」。
 


三崎に伝わる伝統や生活を知ることができる
 

玄関を利用した売店では漁に使う網を作るロープで出来た手作りコースターが売られている。
 


港町ならではのお土産
 

昭和の雰囲気そのままの茶の間も再現されている
 


絶品マグロを食べつくす!・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

ハウスポートSHONAN×はまれぽ

毎週土曜日に三崎のマグロ食べ放題!?野毛「秀吉」に突撃!

三崎港付近にあった幻の「マグロード」はどこへ?