検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

鎌倉文学館と並ぶ鎌倉の大豪邸として有名だった古我邸。個人宅で非公開だったものが、フレンチレストラン・ウェディング場として生まれ変わるそう。歴史と、これからの取材を!(まさしさん)

はまれぽ調査結果!

古我邸は、2015年4月17日、元洋館がフレンチレストランとして新生オープン。まだまだ進化を続けるお店になっていた。

  • LINE
  • はてな

2015年09月10日

ライター:やまだ ひさえ

古都・鎌倉は西洋の別荘文化が息づく街

鎌倉といえば鶴岡八幡宮や長谷の大仏、小町通りなど、和テイストな観光地だと感じる方も多いと思う。だが、鎌倉の隠れた一面がほかにある。実は、鎌倉は明治時代から大正、昭和初期にかけて外国人や著名人に避暑地として愛された土地。洗練された西洋の別荘文化の香りが息づいている街なのだ。

鎌倉別荘族の足跡として残っているのが、現在、鎌倉三大洋館といわれている建物。鎌倉文学館として知られている、旧加賀藩前田家当主の別荘。
 


鎌倉文学館 (鎌倉市役所HPより)


国の登録有形文化財にも指定されている旧華頂宮(きゅうかちょうのみや)邸。
 


旧華頂宮邸 (フリー画像)


そして、今回、キニナルの投稿にあった古我邸(こがてい)だ。
 


古我邸


これまで、三大洋館の中で唯一非公開だった古我邸。それだけに注目度も期待度も高い。

三浦半島の先端の町で生まれ育った筆者にとって、鎌倉は10代のころから慣れ親しんだ街。とはいっても大豪邸には縁がなかったので、ほとんど初体験。ちょっとウキウキして鎌倉に向かった。



住宅街に突如出現した壮麗なる大豪邸

古我邸があるのは、鎌倉駅の西口から歩いて5分ほどの場所。
 


鶴岡八幡宮とは横須賀線の線路を挟んで反対側になる
 

JR鎌倉駅西口


古き良き鎌倉駅の面影を残す西口の駅舎を出て、古我邸に向かう。

歩いて1分ちょっとでぶつかる市役所前の交差点で信号を渡って右折。
角に鎌倉マダム御用達のスーパー「KINOKUNIYA」があるので分かりやすい。
 


市役所前交差点。高級スーパー「KINOKUNIYA」前を右折
 

次の目印はコインパーキング。手前に古我邸の看板がある
 

古我邸の看板


ここまでの所要時間は、信号待ちの時間をいれても徒歩3分あまり。思っていたよりずっと近い。

古我邸の看板のあった場所で左折。あとは道なりに進むだけ。
 


古我邸の前の路地


ワクワクしながら歩いていると、突然、目の前に古我邸が姿を現した。
えっ、ここ・・・!?  と思うほど駅から近い。

この一帯は鎌倉の閑静な住宅街だが、明らかに周囲とは一線を画する大豪邸。さすが鎌倉三大洋館の一つ。
 


古我邸正門
 

石垣に店名と営業時間。これがないとレストランとは気付かないかも
 

門を一歩入ると、広い芝生の前庭と高台の洋館。 丸ごと全部、古我邸だ
 

門から洋館まで延びるアプローチ。 この距離感に感動する
 

緑の中にたたずむ古我邸
 

左側に入口。左手奥にカフェスペース。右手前はテラスになっている


大通りから一歩入っているうえに、洋館自体が広大な敷地の奥まった部分にあるため、ここまで来ると、車の音など周囲の喧騒は聞こえてこない。

独り占めしたくなる大人のための隠れ家レストラン、そんな贅沢な空間だ。



古我邸に魅了された男が創ったフレンチレストラン

古我邸がフレンチレストランとしてオープンしたのは、2015(平成27)年の4月17日。
個人の邸宅だった古我邸の歴史と、オープンまでの経過をゼネラルマネージャーの鈴木隆敏(すずき・たかとし)さんに伺った。
 


案内してもらったのは洋館奥のカフェ
 

爽やかな風が吹き抜けるカフェ。 残念ながら鈴木さんの写真はNG


古我邸は、鎌倉に別荘文化が花開いた1916(大正5)年、三菱合資会社(後の三菱財閥)の専務理事兼管事(管事=仕事を取り仕切る人、支配人)をしていた荘清次郎(しょう・せいじろう)の別荘として建てられた。

設計を担当したのは、桜井小太郎(さくらい・こたろう)氏。旧三菱銀行本店や旧丸の内ビルディングを設計。日本の近代建築史にその名を残す名建築家が、15年の歳月をかけ完成させたのが古我邸だった。
 


別荘のころの古我邸 (古我邸HPより)


1923(大正12)年9月1日午前11時58分45秒、相模湾を震源とした大地震が発生。鎌倉にも甚大な被害をもたらした。
9割の建物が倒壊、市内はガレキ野原と化した。その中で残ったのが古我邸だった。

損壊を免れた奇跡の建物は、その後、日本の歴史と大きく関わりをもつことになる。

まず受け入れたのが、震災をきっかけに東京から逃れてきた政治家たち。
第27代内閣総理大臣・濱口雄幸(はまぐち・おさち)、第34、38、39代内閣総理大臣・近衛文麿(このえふみまろ)が、古我邸に居を構えた。
そして戦後には、GHQに接収され、将校クラブとして使われた。
 


政治の舞台にもなった(古我邸HPより)


現在の古我邸の持ち主は、日本初のカーレーサーとしてその名を馳せた「バロン・古我」こと故・古我信生(こが・のぶお)氏の遺族。

1937(昭和12)年、古我信生氏の父で日本土地建物株式会社の経営者だった貞周(さだちか)氏が法人所得したものを信生氏が受け継ぎ、今に至っている。
 


昔のままの姿を留める古我邸


古き良き鎌倉の別荘文化を今に伝える古我邸。

優美な姿に魅了されたのが、現在のレストラン古我邸の代表。古我氏の遺族から借り受け、フレンチレストランにするために動きだした。

しかし、古我邸は1世紀近い歳月を経た建物。関東大震災にもあっている。
大がかりな補修が必要だった。
 


壁板や屋根は、板を当時と同じ色に塗り替え差し替えていった (古我邸FBより)
 

補修中に床下から見つかった煉瓦の基礎。 時代を感じさせる (古我邸FBより)
 

内部もドアや窓はそのまま残す形で補修 (古我邸FBより)



カフェスペースにある池の周りも再生。昔からこの庭に咲いていた草花を移植した (古我邸FBより)

補修完了までには1年以上の歳月がかかったという。

新しく建てるよりも時間がかかっている。でも、そこまでしたくなるほどの魅力が、鎌倉三大洋館の一つ、古我邸にはある。

代表の情熱と職人たちの努力で甦った古我邸。

だが、まだ完成していない。
 


古我邸は敷地面積1500坪もある大豪邸


古我邸は周囲の丘を含めて1500坪という広大な敷地を有している。
レストランオープンまでに整えられたのは、洋館、前庭、カフェスペースの裏庭部分など。周囲の丘はまだ手が付けられていない。

今後、丘部分を整え、カフェやウエディングなどを行なえる場所にする予定だそうだ。

オープンにあたり代表が掲げた古我邸再生5ヶ年計画は、まだ道半ば。
どのように進化していくのか、楽しみだ。
 
 

 

元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

目標を持って自ら中学受験へ!オリジナルテキストと徹底した過去問対策で必要な力を効果的に伸ばす

  • PR

「Tシャツ1枚からプリントします」デザインから製作まで一貫して請け負う「オリジナルウエア ブラスト」

  • PR

天王町で30年以上続く居酒屋さん! 本格的な料理がリーズナブルに味わえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

お菓子を通して感動を届ける!横浜とともに進化を続け、新たな魅力を発信する老舗の旗艦店「ありあけ本館」

  • PR

想像力をかき立てるカーディーラー、港南区「スズキ上永谷オートマン」

  • PR

横浜でリーズナブルにマイホームを持つ1つの方法

  • PR

創業88年の老舗。“お酒のプロ”として、地元横浜の飲食店に最高のお酒を提供し続ける「酒の島崎」

  • PR

医療同様に地盤にもセカンドオピニオンを! 過剰な地盤改良を未然に防ぎ、住宅建築コストを削減!

  • PR

お気に入りの紅茶がきっと見つかる、横浜元町老舗の紅茶専門店「ラ・テイエール」

  • PR

「海見え」「海近」物件多数! 通勤可能な海辺の住まいなら「湘南海辺不動産株式会社 湘南辻堂不動産店」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 少し前のことですが、大雨のなか「アドトラック」なる宣伝車両が迷惑な大音量でやかましい曲と汚ならしく感...

  • 最新型イージス護衛艦まやに続い同じタイプのはぐろが磯子の造船所で進水しました、イージス護衛艦まやは横...

  • 今月末からベイスターズの二軍練習場が横須賀汐入から追浜に移転します。室内や練習場、横須賀スタジアム周...

あなたはどう思う?

横浜市内で遊びに行くならどこが多い?

最近のコメント

アクセスランキング