ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    ハワイの高級ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」が2020年にみなとみらいにオープンするそうですが、高級そうで行けるはずないので、代わりにレポートお願いします。

    黒霧島さん

    21日(土)開催される「2017ふじさわ江の島花火大会」って どんな感じなのでしょう?あまり話題になっていないようですし、週末は雨の予想で おまけにこの寒さ。夏だと ブルーシートで場所取りをし、ビール...

    soraさん

    実証実験中の横浜市資源循環局のごみ分別案内「イーオ」が来年度から全面実施になります。自分も分別する時に紛らわしいモノはスマホで参照して活用しているのですが、街中調査ではどの位の方が日常的に活用している...

    よこはまいちばんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
2位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
3位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
4位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
5位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
6位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
9位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
10位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
11位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
12位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
13位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
14位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
15位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
16位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
17位
【フォトれぽ】春開催は3日で約14万人が来場! 「パンのフェス2017秋 in 横浜赤レンガ」をレポート!
18位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
19位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
20位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
21位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
22位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
23位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
24位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
25位
【はまれぽ名作選】中華街の酢豚にパイナップルが入っている割合は!? ライター松宮が突撃調査!
26位
【I☆DB】2位阪神との直接対決! 本拠地ハマスタに訪れたファンの様子は?
27位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
28位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
29位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
30位
【はまれぽ名作選】お高い飲食店ばかり!? みなとみらいエリアで働いている人たちのランチ事情を徹底調査!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜中華街にある京華樓の「激辛コース」が非常に気になりますので、取材をお願いできますか? (コビン・ケスナーさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

激辛に「チャレンジ」するメニューではなく、本場四川省出身のシェフが腕をふるった、四川料理の旨さと辛さを「楽しめる」コースだった

ライター:万田 ケサトシ (2015年04月24日)

きましたよ。デビュー2戦目にして激辛コース取材。
もちろんBGMは辛島(からしま)美登里〜♪

ということで筆者の万田、辛いものが好き過ぎて、これまでさまざまな辛〜い食べ物をいただいてきました。
 


万田が食した激辛ラーメン

 
辛すぎるラーメンを食べたときには身体が過剰反応してしまい、身動きが取れず仕事を一本キャンセルしてしまったこともありましたが無問題。お尻の具合もキニナル年頃ですが、ここはTHE ALFEE(痔・アルフィー)を聞きながら意気揚々と横浜中華街へ〜♪



激辛コースを求めて横浜中華街へ

投稿にあった「激辛コース」をメニューに掲げている京華樓(きょうかろう)本館へ。JR石川町駅、みなとみらい線元町・中華街駅どちらからも徒歩6分ほど、関帝廟通り沿いにお店がある。
 


重厚感ある佇まい
 

路地の香港路側にも入口がある


ガラス越しに厨房が見える。入口にはさまざまなメニューが掲げられており「激辛」へのワクワク度が一気にヒートアップ! どれもこれも美味しそう〜!
 


お目当ての激辛コース


まずは「京華樓」について本館の受付担当でいらっしゃる大下悦子さんにお話を伺うことに。
 


この道8年の大下さんは笑顔がステキ


京華樓が誕生したのは2004(平成16)年。
本館と同じ関帝廟通り沿いにある中華食材を扱う「隆泰商行(りゅうたいしょうこう)」の飲食部門第1号店としてオープン。
 


本館の斜向いにある隆泰商行


同店は本店のほかに中華街大通り店、横浜鶴屋町店、市場通り店の4店舗全店で展開している。

当初は山東省や広東省出身のシェフが腕をふるっていたそうだが、試行錯誤の後に四川料理へシフト。

ちょうどそのころに特徴のあるメニューを出したい、ということで「激辛コース」が誕生。
 


店内には著名人のサインも多数


取材当日はお会いできなかったが、社長の竹本清さんは四川料理協会の顧問を務めていらっしゃる。

ご本人自ら四川省に出向き、現地で味を確かめてシェフをスカウト。
来日した各店舗の料理長がオリジナルメニューを作って勝負するなど、伝統を踏襲しつつ常に新しい創作料理を作り続けている。
それでは厨房におじゃまして激辛コースを作ってもらいましょう!



チューボーですよ!
 


アレ・・・???


ちょうど休憩時間におじゃましたのでシェフの皆さんは「まかない中」。
四川語が飛び交う中で一瞬「ピリッ」とした空気になったが、中断して激辛コースにとりかかってくれた。
それでは試合開始のゴングが鳴り調理スタート!
 


手際よく料理が作られていく
 

ファイヤー
 

表情も真剣そのもの
 

こだわりを伺っています


メインの厨房にいる7名のシェフのみなさんは四川省ご出身。
通訳はホールご担当の黄(こう)さんが対応してくれた。
 


京華樓の料理が大好きです! という黄さん


京華樓は前述の通り母体が中華食材を扱っている会社なので、調味料や香辛料にはかなりこだわっている。さらにシェフが京華樓の料理に合うように改良したものを使い、豆板醤だけでなく、辣油、麻辣鍋醤(まーらーごうじゃん)など四川調味料は全てシェフが自ら調合しているそう。
 


行儀良く並ぶ調味料たち
 

激辛コースに使用される香辛料は10種類ほど
 

よく見かける唐辛子
 

唐辛子を細かくした粉唐辛子
 

酢漬け唐辛子
 

酢漬け唐辛子のすり身
 

痺れた〜い花山椒 


見ているだけでも発汗作用がありそうな・・・。このほか、自家製辣油や中国で人気のピーナッツ辣油、四川省のきめが細かい豆板醤、唐辛子とニンニクの調味料、野山椒という青唐辛子の酢漬けが使われている。

厨房に漂うスパイシーな香りと赤いビジュアルで筆者はテンションアゲアゲになってきたが、編集担当・ヤマギシは敏感鼻でくしゃみ連発。
 


不慮のハプニングにも即対応できるお店。マスクをいただいた


今回は「一気に料理を見せたい」というお願いを聞いてくださり、コース料理のほとんど(前菜・熱菜)を一度にご用意してもらった。
 


時間は10分弱。これぞ中華の真骨頂! 手際が良い




いよいよ激辛コースの完成
 


激辛コースが円卓に勢ぞろい(写真は2人前)


舞台は2階の個室。
料理が到着するやいなや四川の風が吹いてきた〜!!!
どの料理を見てもホントに旨そう・・・
ビジュアルと香辛料の香りで既にほっぺたの裏側がムズムズ。
 


待っててね。激辛ちゃんたち


コースは前菜〜熱菜〜デザートの全13品。
1人前5000円で2人前から注文することができる。

『前菜』
1 風味棒棒鶏(バンバンジー)★/☆
2 野山椒豆苗(豆苗の唐辛子和え) ★
3 夫妻肺片(牛スネ・牛モツの四川風和え) ★★/☆

『熱菜』
1 魚香炒鮮鮑片 (アワビの四川風炒め) ★
2 剁椒大蝦球(大海老の唐辛子炒め) ★★
3 干媽牛柳(牛ヒレ肉の特製ソース炒め) ★★★
4 泡菜魚片(白身魚と四川風漬物の酸辣煮込み) ★★
5 地獄排骨(スペアリブの激辛ソース炒め) ★★★★
6 奶皇糯米糍(カスタード入りココナッツ団子)
7 激辣担担刀削麺(激辛タンタン刀削麺) ★★★/☆
8 四川泡菜(四川風特製おしんこ) ★★
9 爽口果盤(季節のフルーツ)

また、メニューには辛さと痺れの目安が下記の通り表示されている。

辛さの目安:★・・・弱 ★★・・・中 ★★★・・・激 ★★★★・・・烈
痺れの目安:☆・・・弱 ☆☆・・・中
 
 

ついに激辛コースが完成。 筆者・万田が悶絶する!? 
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事