ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜市立の高校について教えてください、学費や施設が充実してますよね?

    ななここさん

    横浜では様々なバス会社のバスが運行しています。一番長い距離、一番料金の高い、一番所要時間の長いバス路線をそれぞれ知りたいです!

    コウフォトさん

    相模原駅近くにある氷川神社に「開墾記念碑」が建てられています。その書は徳川15代将軍の徳川慶喜によるものですが、表記は源氏性の「源慶喜」を名乗っています。清和源氏と徳川家の所縁については諸説ありますが...

    栄区かまくらさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

シーズン到来!今年の夏はどこの海水浴場に遊びに行きますか?

海の公園
三浦海岸海水浴場
一色・森戸海水浴場
逗子海水浴場
由比ガ浜・材木座海水浴場
片瀬東浜・片瀬西浜海水浴場
鵠沼海水浴場
サザンビーチちがさき
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
2位
「7月23日今日は何の日?」
3位
「無期限休業」状態だったラーメン二郎 横浜関内店が営業再開!
4位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
5位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
6位
開店したらすぐ閉店? 戸塚の伝説のラーメン店「カミカゼ」に突撃!
7位
家系ラーメンの風雲児! 多店舗経営で独自の存在感を放つ「ウルトラフーズ」を調査!
8位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
9位
【ニュース】3連休は花火大会が目白押し!
10位
「かっぱ寿司」食べ放題の全88種を男2人で制覇できるか!?
11位
古き良き昭和の味! 5席しかない? 大船の激セマ老舗ラーメン店「天龍」に突撃!
12位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
13位
気分はインディ・ジョーンズ!? 横浜市立大に隠された「謎の洞窟」を探索!
14位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
15位
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
16位
武蔵小杉駅前にある創業53年の老舗店「喫茶ブラジル」が閉店。その理由とは?
17位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
18位
きょうオープン! 高架下の新商業施設「ウィングキッチン京急鶴見」の様子を一足早くレポート!
19位
1972年の横浜市電全廃から45年、当時の姿でよみがえった保存車両の現状に迫る!
20位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
21位
【ニュース】横浜で「一番高い」ビアガーデン!
22位
民家or旅館!? それともラブホテル!? 戸塚にあるナゾの建物に突撃!
23位
横浜市長選立候補予定者が激論を交わした公開討論会の様子をレポート!
24位
大船のフラワーセンターが閉園!? 噂の真相を徹底レポート!!
25位
【編集部厳選】麺を啜れ! 家系・二郎「じゃない」横浜のラーメン特集!
26位
エビが立っている!? 大船の老舗定食屋「ときわ」へ突撃!
27位
横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「六角橋商店街周辺の『隠れ』から揚げ定食」編
28位
【はまれぽ名作選】超ディープ! 鶴見川沿いに突如現れる駄菓子屋で定食屋で飲み屋の「何屋なのか分からない店」に突撃!
29位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
30位
【編集部厳選】暑いからニンニクたっぷり食べてスタミナつけよう!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

ぶらっと立ち寄り酒を飲める「立ち飲み屋」さん、女の子のグループでも気兼ねなく入れるお店の調査をお願いします。(くまちゃん☆さん)/野毛たべもの横丁が復活したそうですが、どんな雰囲気?(羽後人さん)

はまれぽ調査結果

ホロ酔い女子が集まる優良立ち飲みのお店をご紹介。女子1人でも気軽にお手軽に、そして気分よく飲める3店を野毛から。

ライター:クドー・シュンサク (2015年02月09日)

編集部近くの純喫茶。メガネくん(編集部・宮城)はいつもの口調で「コーヒーおねがいします、冷たいの」と注文をすませ「クドーさん、お酒系の取材なんですけどぉ」とオネる。詳しく聞くと、ホロ酔い女子を探したいという。けっこういると思ったが、立ち飲みで飲んでいるホロ酔い女子を探すという。東京ではずいぶん多くの立ち飲みホロ酔い女子を見かけたが、横浜ではそんなに見かけはしない。
「女子も増えてきたっていう野毛から行きましょお」とのこと。

野毛へ。



野毛たべもの横丁の立ち飲みホロ酔い女子
 


ここにくるとのどが渇く

 
以前、野毛にいらっしゃる女子の取材をした際には道行く団体さんにお声をかけたりしたが、今回は立ち飲み屋でホロ酔いになっている女子という縛りでの取材。

まずは立ち飲みの店を見てまわる。鮮やかに殿方が多い。あふれんばかりのおやじやおっさんやお兄ちゃんたちが楽しそうに飲んでいる。いい、風景です。

かるく2周して見てまわっても、立ち飲みしているホロ酔い女子はいない様相。立ち飲みは女子には少しハードルが高いのか、どうなのか。ちょっと横丁に入ってみる。
 


おじゃまします


午後8時をまわり活気がある横丁。いい雰囲気です。

現在、野毛たべもの横丁内で営業しているのは、8店舗。
 


看板がずらり

 
串カツやホルモン焼、鉄板焼、ビストロ料理のお店などがぎっしり詰まっている様子。
いろんなお店のフードを自由に注文することもできるところも女子人気に貢献していそう。
 


女子も多い
 

まずはこのお店から


横丁ができた2012(平成24)年の4月にオープンした立喰寿司「まんぼう」さん。
すでにカウンターには女子が数人。立ち食いで美味い寿司を手軽にいただける、そして職人さんとお話したり、その手元を見て楽しんだり、気さくなお客さんたちと会話したり、みなさんのんびり過ごしてくれているという。
 


まんぼうの店長小川さんによれば「約半数は女性客です」とのこと


女性客でも安心して飲める店まんぼう。ここで女性客の方にお話を伺う。
 


まんぼう常連の上田さんという女子


だいたい週に2~3回はまんぼうに飲みにくるという上田さん。まんぼうで飲みたくなる理由を尋ねてみると「一番は居心地がいいお店だということと、店員の方やほかのお客さんと気さくにお話ができるところが魅力です」とのこと。
取材日はおひとりでの飲みでしたが、普段は女子のお友達とも飲みにくるという。
 


飲んでご機嫌、いいことです


せっかくなので、まんぼうで一杯。
 


おまかせ10貫(1000円)と冷酒(500円)いただきます


寿司が、これが美味い美味い。この味をこの価格でいただけるのは素晴らしい。
本格的な味の寿司を安心の価格で手軽に味わえる。これは女性でも気軽に足を運びたくなる理由だと実感。

横丁の端にもう1軒立ち飲みの新しい店があるという。行ってみましょう。
 


どうもです


店員の方が女性ふたり。女性客もやってきました。いい空気感のこのお店は2013(平成25)年10月にオープンした「鳥むすめ」さん。女性でも入りやすい焼き鳥の立ち飲みを作りたいというオーナーの意向で店づくりがされたという。
 


焼き鳥は1本130~150円
  

そしてこちら、発見したホロ酔い女子の方々です。



「雰囲気も味も最高」というのは、野毛初心者という森山さん

普通に着席して飲むのではなく、なぜ立ち飲みなのかを伺ってみたところ「フラッと入って軽く飲むには立ち飲みがいいんですよ」とのこと。


 
女性客2人組(後ろ右)と、常連の皆さん、そして鳥むすめスタッフのお二人(写真前)


ふらり、都橋商店街へ向かうことに。
味も雰囲気も店主もいい。三拍子そろった優良店、評判の焼き鳥立ち飲みへ。
 
 
ホロ酔い女子、都橋商店街にもいましたよ~
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

昔ながらの立ち飲み「角打ち店」のある場所を教えて! 番外編

ぴおシティ地下の立ち飲み屋「はなみち」の日本酒が特別な理由

「飲み屋」に関するキニナル